HM鍼灸法とは

はり治療は、コリや痛みに対し体内から刺激することで、大きな効果を発揮します。また、痛みの原因と痛みが出やすい体質を一緒に改善していくことができるのも特徴です。特に、HM鍼灸法は症状に応じ経穴や神経、筋肉に通電刺激することで症状の早期改善をはかります。表面からでは手が届かない深い部分にも、鍼刺激でアプローチすることが可能。これは、天津中医薬大学付属病院の治療の流れを汲んだものです。

安心を守る3つのポイント
経穴(ツボ)に刺すことで自然治癒力を上げます
経穴(ツボ)に刺すことで
自然治癒力を上げます

経穴に針を刺すと、その刺激が免疫や自律神経に働きかけます。その結果、筋肉の緊張緩和、自律神経の安定化、血流の増加などが起こり患部の疼痛軽減や動きの改善、不定愁訴の緩和など自然治癒力を高めてくれる効果が期待できます。

痛みの緩和に有効です。
痛みの緩和に有効です。

鍼を刺すことで皮膚表面の感覚神経が刺激され、それが脳に伝わると痛みを抑制する『内因性オピオイド』という天然のモルヒネのような物質が放出されます。それと同時に、脊髄の痛みを反射的にブロックする機構も作動します。この脳と脊髄の2つの抑制作用により痛みの緩和が期待できるのです。

衛生面でも安心です。
衛生面でも安心です。

当グループで使用する鍼は全てディスポーザブル(1回使い捨て)となっておりますので、安心して施術を受けてください。