スポーツ障害でお困りの方へ

スポーツにケガはつきものです。捻挫、肉はなれ、突き指、膝の痛み(ジャンパーズニー、オスグット、シンスプリント)、スポーツではないかもしれませんが使いすぎによる腱鞘炎などの治療も可能です。
アイシングによる応急処置から、骨折や靭帯損傷のリハビリまで、ハートメディカルグループ独自の整復術、全身調整法でしっかりと改善させます。また、早期改善のための固定(ギプス、テーピング)も行っています。
また再発防止のためのストレッチや運動指導などもあわせて行っていますので、ご相談ください。

捻挫肉離れ

関節周囲の靭帯や組織が急激にねじれたり、引き延ばされ損傷したものが捻挫で、急激な筋肉の伸び縮みで筋繊維が損傷したものを肉離れといいます。まずは応急処置として、冷却と圧迫をしましょう。足首や手首であれば包帯などで簡単な固定をしてください。安静にする場合は心臓よりも高い位置に挙上しておくことが大切です。この応急処置が早期復帰のカギですから必ず行いましょう。部活やジムなど運動による怪我はすぐにご相談くださいね!

膝の痛み

急性痛であれば、靭帯損傷、半月板損傷など、また使いすぎによるお痛みであれば、オスグット、腸脛靭帯炎、鵞足炎、膝蓋下脂肪体炎などがあげられますが、特に使いすぎによるものは普段のケアやフォーム、筋肉の柔軟性が低いことが原因として多くあります。当グループでは発症した痛みを緩和させるはもちろんですが、そうならないようにそれぞれの症状にあったケアの方法、ストレッチの方法など指導させていただきますので、わからないことがあればすぐお尋ねください。

腱鞘炎

多くは手首に発症します。腱鞘という腱を包む筒のようなものがあるのですが、同じ動作や、力を出し続けるような使い方を繰り返すと、腱と腱鞘に炎症が発生します。さらにひどい状態になると少し動かすだけで激しく痛むことがあり、また利き手の場合が多い為、安静にしにくく、長期間痛みが続くケースもあります。施術としては一定期間は固定をして負担を減らす状態を作ります。そして鍼やハイボルテージで痛みを軽減させつつ、その周囲の筋肉の緊張を手技で和らげていきます。

患者様の声